歯科医

予防のすすめ|歯医者は「治す」のではなく「防ぐ」ために通う

矯正は子供のうちに

医療器具

矯正歯科は大人も子供も強制を行うことができますが、将来のことを考えると子供のうちに歯列矯正をしておいたほうがコスト的にも時間的にも抑えることができます。名古屋での歯列矯正について。

もっと読む

虫歯の治療

歯型

歯医者の主な仕事は虫歯の治療です。しかし、今の虫歯治療と昔の虫歯治療は大きく変わっており、現在は痛みも少なくより正確な治療が可能になっています。茨木市ではそんな治療をする歯医者さんは多いのです。

もっと読む

予防が大事です

院内

虫歯とは別名う蝕といい、歯垢の中にいるミュータンス菌が発する酸が歯を溶かす症状を意味します。多少溶けた程度ならば唾液の成分によって再び凝固し、溶けた部分はまた元通りになりますが、ミュータンス菌が増え続けることによって元に戻らなくなってしまいます。そして、できた穴が虫歯と呼ばれるものです。虫歯になった場合、侵蝕された部分を削り取り、開いた穴をレジンや銀歯で埋めなければなりません。そして、その開いた穴はもう二度と元には戻りません。そして、歯科で治療した歯というのは健康的な歯に比べて虫歯になりやすくなってしまうのです。そのため、健康な歯でありたいのであれば、きちんと毎日歯を磨き、歯垢を除去しなければなりません。
そして、もう一つ重要なのが、虫歯になる「前」に歯医者に通うことです。本来歯医者とは虫歯になった後に通うのではなく、虫歯になる前に通わなければならないのです。そのため、歯医者で歯の健康状態をチェックし、歯科衛生士さんに歯の健康を守るためのブラッシングの指導を受けたり、PMTC(プロの手による歯の洗浄)を行い歯垢を除去し、口の中の衛生面を保つことで、初めて歯の健康は保たれるのです。言ってしまえば、歯医者に通うのは健康診断のようなものであり、きちんと定期的に確認することで虫歯も歯周病の心配もなく、老後になっても健康的な歯で過ごすことができるのです。現に、虫歯予防に国を挙げて力を入れているフィンランドではお年寄りになってもほとんど自分の歯が残っているひとが多いという結果が発表されています。

子供の内から慣れる

医療器具

大人になってから歯医者を怖がらないように、代々木では子供が怖がらない、痛がらない治療を行っています。子供の内から習慣づけることで大人になってからの虫歯、歯周病を予防します。

もっと読む